著書・講演/学会発表実績

主な著書

2015年

  • ~この症例から初めてみよう~ 前歯部の部分矯正 P22~56日本歯科評論2015年2月号特集

2014年

  • 矯正用アンカースクリューの安定性に関する様々な因子について. インプラント矯正アトラス 第2版.

2013年

  • アンカースクリューの有用性とガイドラインに関する解説. 月刊日本歯科評論. ヒョーロン・パブリッシャーズ.
  • 特集 歯科矯正用アンカースクリューを知る. 臨床家のための矯正YEAR BOOK 2013. クインテッセンス出版.
  • 矯正用インプラントアンカーの成功率を高める臨床的手技-植立後の骨リモデリング様相に着目する-. 矯正臨床ジャーナル. 東京臨床出版.

2012年

  • A therapeutic system supported with skeletal anchorage for the treatment of Class II open bite malocclusions. Skeletal Anchorage in Orthodontic Treatment of Class II Malocclusion. Mosby Ltd.,
  • Nutrition for enhancing bone volume in Mice. Osteoporosis. In Tech Publisher.

2011年

  • 骨粗鬆症モデルマウスによるCPPの機能性評価. Functional Food. フジメディカル出版.
  • カゼインホスホペプチドの有用性. 機能性食品素材の骨と軟骨への応用. CMC出版. 2011
  • 大臼歯の遠心移動とChin control. 矯正臨床ジャーナル. 東京臨床出版.

2009年

  • ミニスクリューの植立におけるリスクマネージメント. 矯正臨床ジャーナル. 東京臨床出版.
  • より安全で確実なミニスクリューの植立をめざして. 矯正臨床ジャーナル. 東京臨床出版.

招待講演・学会発表

2015年

2014年

  • Crouzon 症候群患者に対し上顎骨・歯槽骨の骨延長術と上下顎骨骨切り術を施行した1例 第24回日本顎変形症学会(福岡)共同演者
  • ミトコンドリアミオパチーを伴った骨格性下顎前突患者に対し上下顎移動術を行った1症例 第24回日本顎変形症学会(福岡)共同演者
  • 矯正用アンカースクリューを用いた補綴前矯正の臨床テクニック. テーブルクリニックセッション3. 第32回日本顎咬合学会(東京)
  • 歯科矯正用アンカースクリューに関するベーシック・アドバンス・MTMセミナー. (東京, 大阪, 名古屋, 盛岡, 沖縄など計12回), 講師として講演

2013年

  • 顔面非対称を伴った片側性下顎頭過形成に対し下顎頭切除後に上下顎骨切り術を施行した1例. 第23回日本顎変形症学会 (大阪), 共同演者として発表.
  • 歯科矯正用アンカースクリューの臨床における応用と注意. 第72回日本矯正歯科学会 (松本), シンポジウム講演.
  • 睡眠時無呼吸症候群の若年口蓋裂患者における頭蓋顔面形態の特徴. 第37回日本口蓋裂学会 (佐賀), 共同演者として発表.
  • 歯科矯正用アンカースクリューに関するベーシック・アドバンス・MTMセミナー. (東京, 大阪, 名古屋, 札幌, 仙台, 福岡, 岡山など計16回), 講師として講演

2012年

  • A newly developed snack effective for enhancing bone volume. 1ST International Conference of Caring and Peace (第1回国際ケアリング学会) (広島), ポスター発表.
  • マイクロインプラントの成功率を高める臨床的手技. 日本インプラント矯正研究会 (大阪), 招待講演.
  • 矯正用インプラントアンカーを用いて下顎大臼歯の遠心移動を行なった叢生の2症例. 日本矯正歯科学会 (岩手), ポスター発表.
  • A limitation of molar distal movement -CBCT study-. 4th World Implant Orthodontic Conference (第4回世界インプラント矯正歯科学会) (Sydney), 招待講演.

2011年

  • A safety and reliable implantation method established by using a torque controllable hand driver. 3rd World Implant Orthodontic Conference (第3回世界インプラント矯正歯科学会) (Verona), 口演発表.
  • 片側性口唇裂・口蓋裂患者におけるGOSLON Yardstickを用いた咬合評価. 第54回中・四国矯正歯科学会大会(松山), ポスター発表.
  • 記憶・学習能力に対する鼻呼吸障害の影響. 第70回日本矯正歯科学会大会・第4回国際会議 (名古屋), ポスター発表.
  • 大谷歯科矯正歯科におけるサイナスリフト・ソケットリフト症例の臨床的検討. 第14回日本先進インプラント医療学会 (東京), 口演発表.

2010年

  • Innovation of mini-screw implantation method and instruments to achieve the high success rate. The 2nd International Conference on Orthodontic Treatment (広島), 招待講演.
  • 顎矯正手術を受けた下顎前突症患者における上下口唇面積の変化に影響を及ぼす因子の検討. 第20回日本顎変形症学会総会 (札幌), ポスター発表.
  • 下顎骨の成長発育に影響を及ぼす性ホルモンレセプターの発現. 第69回日本矯正歯科学会大会 (横浜), ポスター発表.
  • Innovation of implantation method and instruments in self-drilling screw to achieve highly success rate. 2nd World Implant Orthodontic Conference (第2回世界インプラント矯正歯科学会), 招待講演.
  • 大臼歯の遠心移動とChin Control. 第9回日本インプラント矯正研究会 (仙台), 招待講演.
  • より安全で確実な植立をめざして. 長崎大学歯学部矯正学講座 矯正講演会 (長崎).

2009年

  • 長期の成長観察後に下顎骨仮骨延長術を施行したhemifacial microsomia の1症例. 第19回顎変形症学会 (仙台), ポスター発表.
  • 矯正歯科固定源としてのミニスクリューの初期安定性の評価. 第68回日本矯正歯科学会学術大会 (福岡), ポスター発表.
  • Establishment of reliable implantation method considered twisting torque. 8th Asia Implant Orthodontic Conference (仙台) , 招待講演.

2008年

  • 骨密度の改善を目的とした骨強化補助食品の開発. 第47回広島県歯科医学会学術大会 (広島), ポスター発表.
  • 脊椎側彎症と顎顔面形態および顎関節症との関連性について. 第18回日本顎変形症学会 (名古屋), ポスター発表.
  • Enhancement of screw stability under varying twisting torques. 2nd Asian Micro Implant Anchorage Congress (第2回アジアマイクロインプラント学会) (Daegu), ポスター発表.
  • Establishment of reliable implantation method of mini-screw: Investigation by animal experiment and clinical survey. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society (第2回日韓ジョイントミーティング) (Seoul), ポスター発表.
  • より安全で確実な矯正用インプラントの植立を目指して -動物実験と臨床調査による検討-. 第67回日本矯正歯科学会大会(千葉), ポスター発表.

2007年

  • Stability of mini-screw examined by animal study and clinical study. 6th Asian Implant Orthodontics Conference (第6回アジアインプラント矯正歯科学会) (Taichung), 口演発表. 最優秀口演賞受賞
  • Effect of sex hormone and TGF-B1 on bone growth in newborn mice. 2nd Hiroshima International Conference on Education and Science (Hiroshima),ポスター発表.
  • 滅菌業務管理システムの開発とその有用性. 若手研究者育成事業 広島大学霞キャンパス発研究交流会 (広島), 口演発表.
  • 骨密度の改善を目指した食品の検討: 大谷淳二: 若手研究者育成事業 広島大学霞キャンパス発研究交流会 (広島), 口演発表.
  • Self-drilling screwを用いた組織学的研究. TAD臨床研究会 中四国セミナー (広島), 口演発表.
  • TAD植立におけるリスクマネージメントについて. TAD臨床研究会 大阪セミナー (大阪), 口演発表.
  • TAD植立におけるリスクマネージメントについて. TAD臨床研究会 東京セミナー (東京), 口演発表.
  • 骨強化補助食品の開発. 第7回国際バイオEXPO (東京), ポスター発表.

2006年

  • ミニスクリューを用いた歯の移動に関する組織学的検討. 第49回中・四国矯正歯科学会大会 (高知), 口演発表.
  • セルフドリリングスクリューを用いた歯の移動に関する組織学的検討. 第65回日本矯正歯科学会大会 (札幌), 口演発表.

2005年

  • Effect of sex hormone and TGF-beta1 in newborn mice. The 5th Asian-Pacific Orthodontic Conference (第5回アジア太平洋矯正歯科学会) (Beijing), ポスター発表.
  • 成長期患者におけるvisual treatment objectives (VTO)を用いた治療効果の評価.第48回中・四国矯正歯科学会大会 (高松), ポスター発表.

2004年

  • Castration decreases trabecular density of mandible in newborn mice. 80th Congress of European Orthodontic Society (第80回ヨーロッパ矯正歯科学会) (Denmark), ポスター発表.

2003年

  • Changes in TGF-b1 in newborn mice under sex hormone disturbance. 51st Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research (大阪), ポスター発表.
  • Effect of sex hormone and TGF-beta1 in newborn mice. 79th Congress of European Orthodontic Society (第79回ヨーロッパ矯正歯科学会) (Prague), ポスター発表.

2002年

  • 成長期マウスの性ホルモン分泌障害が顎顔面骨格の成長に与える影響について. 第61回日本矯正歯科学会大会 (名古屋), ポスター発表.

受賞

  • 第72回日本矯正歯科学会 学術大会優秀発表賞, 2013年
  • 第3回世界インプラント矯正歯科学会 優秀ポスター賞, 2011年
  • 第13回広島大学歯学部同窓会奨励賞, 2010年
  • 第1回広島大学知財奨励賞, 2010年
  • 第6回アジアインプラント矯正歯科学会 優秀口演賞, 2009年
  • 第2回国際教育科学学会 優秀ポスター賞, 2008年
  • 第72回日本矯正歯科学会 学術大会優秀発表賞, 2013年

特許

  • 滅菌処理器における滅菌処理確認/点検用シート、該シートを用いた確認/点検方法、および該シートによる滅菌処理の確認/点検用管理システム.
    特願2006-138372, 特許第4474552号.
  • 骨強化補助食品. 特願2008-120307.
診療時間 オンライン診療予約 歯のはなし 参加者募集中 親子でできる歯磨き体験 日経CNBC「時代のNEW WAVE」 大谷歯科矯正歯科 院長 | 大谷 淳二のリーダーズスタイル
UID一級建築士事務所 萩野寿也景観設計